MENU

チャンネル登録1万人記念!ノマド的節約術の原点、僕が節約家になったワケ

2020 8/10
スポンサーリンク
松本のアイコン画像松本
こんにちは、ノマド的節約術の松本です。
さがやんのアイコン画像さがやん
アシスタントのさがやんです。
松本のアイコン画像松本
よろしくお願いします〜!
さがやんのアイコン画像さがやん
(パチパチパチパチ…!!)
さがやんのアイコン画像さがやん
チャンネル登録数1万人突破おめでとうございます!
さがやんのアイコン画像さがやん
やりましたね!
どうですか?1万人超えてみて。
松本のアイコン画像松本
うれしいです!
さがやんのアイコン画像さがやん
思ったより早くてありがたいですね〜本当に!
さがやんのアイコン画像さがやん
今回は1万人記念ということで、 このYouTubeきっかけで松本さんのことを知った人も多いと思うので、何で松本さんがこんなに節約に詳しくて好きなのか、松本さん自身の半生を振り返る感じで深堀りしていきます。
松本のアイコン画像松本
ドキドキしますね〜!ワクワクしてきた!
さがやんのアイコン画像さがやん
自分の人生深堀りされるのに、ドキドキワクワクしてきたんですかw

▼動画を見るにはこちら(公開日は2020/05/09)▼

目次

小学生時代はゲーマーだった

小学生時代を見る

さがやんのアイコン画像さがやん
どんな学生時代だったんですか?
松本のアイコン画像松本
小学生のときは、ゲームっ子でしたね。
さがやんのアイコン画像さがやん
なんのゲームしてたんですか?
松本のアイコン画像松本
マリオカートとかですね。
さがやんのアイコン画像さがやん
スーファミですか?
松本のアイコン画像松本
スーファミです!
さがやんのアイコン画像さがやん
念の為に言っておくと、スーファミは「スーパーファミコン」のことです!世代ですね。
松本のアイコン画像松本
あとはドラクエ、ファイナルファンタジーをしてましたね。
ゲームは制限時間があって、1日1時間という謎のルールが決められていましたね。
さがやんのアイコン画像さがやん
あ〜制限時間ありました!ありました!

中学・高校生時代

中学・高校生時代から見る

さがやんのアイコン画像さがやん
いつまでゲームやってたんですか?
松本のアイコン画像松本
中学の時もゲームばっかりして成績悪かったですね。(笑)
とことんゲームを研究してやり込んでました。
さがやんのアイコン画像さがやん
何をやりこむんですか?(笑)
松本のアイコン画像松本
レベルを全部99にしたり、経験値がカウンターストップするまでやり込んでましたね。
さがやんのアイコン画像さがやん
カウンターストップってやつですね!
松本のアイコン画像松本
そこに頭を使ってましたね。
数学の成績は別によくないけど…。
さがやんのアイコン画像さがやん
自分の興味のあるものはとことんいくんですね。
高校生のときはどうだったんですか?
松本のアイコン画像松本
中高は陸上をしていたんですけど、800m、1500mやってました。
一番しんどい競技ですね。
さがやんのアイコン画像さがやん
結構それなりの選手だったんですか?
松本のアイコン画像松本
最後のほうは、県大会に出られるくらいの成績にはなりました。
さがやんのアイコン画像さがやん
すごいですね!その頃は成績どうだったんですか?
松本のアイコン画像松本
ほぼオール5でした。
テストってある程度コツがあるのが分かっちゃって。
さがやんのアイコン画像さがやん
えっすごい!
その当時にも、勝ちパターンと法則性を理解するのが得意だったんですね。
松本のアイコン画像松本
そうですね。
パターンを見つけてやり方さえわかれば後は攻略するだけでいい。
一番最初のテストでたまたま学年トップ10になりましたね。
さがやんのアイコン画像さがやん
おお、そこから楽しくなってきたんですね。
松本のアイコン画像松本
そうです、次もこれでいけたらいいなみたいな感じですかね。
さがやんのアイコン画像さがやん
勝てるって思うと楽しく取り組める。
松本のアイコン画像松本
そうです!なんでも勝ちたい!負けず嫌いですね。
さがやんのアイコン画像さがやん
根っからの勝負師なんですね。

専門学生時代は大学は行かず、ゲームクリエイターの専門学校へ

専門学校時代から見る

さがやんのアイコン画像さがやん
それで、高校卒業して大学…?
松本のアイコン画像松本
専門学校に行ったんですよ。
大学行きたくないと思って、もともとゲーム系の仕事がしたくて、ゲームクリエイターになりたかったので。
さがやんのアイコン画像さがやん
そこでゲームクリエイターになろうって感じですか。
松本のアイコン画像松本
最初そのつもりで入ったんですけど、途中で実際にゲームクリエイターの方の話を聞くと、給料月に4万円って言ってたんですよ。
しかも寝泊まりもして。
さがやんのアイコン画像さがやん
今やったら完全にアウトなやつですね。
松本のアイコン画像松本
昔もアウトやと思いますけど
松本のアイコン画像松本
それ聞いた時に全く夢がないわって思って、そこでもうゲームのクリエイターは辞めよう、ってなりました。それが専門1年のときですね。
さがやんのアイコン画像さがやん
1年目で夢がついえたんですか、あとの3年どういうモチベーションでいけばいいんですか(笑)
俺やったら辞めてもいいくらいのレベルですね(笑)
松本のアイコン画像松本
言われてみればそうですね!(笑)
4年制だったので、最初の一年は幅広く勉強していました。
web系とかITとか一通りかじっていて、web系のHTMLとか楽しそうと思って。
さがやんのアイコン画像さがやん
ここでwebと出会ってるんですね。なるほど。
松本のアイコン画像松本
いろんな言語をやりつつ、仕事的な感じで仕様書を作るところからシステムを作っていって、テストして発表してという勉強をしていました。

web系の仕事は始めたきっかけ

web系の仕事は始めたきっかけから見る

松本のアイコン画像松本
学生のときに初めて、webで発信してそれを仕事にしている人がいるって知ったんですよ。
もう就職せずwebで発信する仕事が本当はしたかった。
松本のアイコン画像松本
というのもアルバイトで、パン屋や結婚式場といろいろやったんですがゴリゴリ命令されたり、理不尽すぎて2ヶ月以上続いたことがなかったんです。
さがやんのアイコン画像さがやん
まぁわかりますよ。イラッとしますよね。
松本のアイコン画像松本
社会に適応できないのでは、と危機感を感じました。
そのときに内職で何かできないかと思って、調べたときにホームページを作ったりする仕事に出会ったんです。
それが20歳のときです。
さがやんのアイコン画像さがやん
へ〜。うんうん。
松本のアイコン画像松本
そこで自分で独学して、学生の内にwebで月20万稼ぐのを目標にしてました。
でも結局、学生時代には月1万も稼げなかった…。
さがやんのアイコン画像さがやん
webで月20万円ってどうやって稼ぐんですか?
松本のアイコン画像松本
webで広告収入を得ることができるんですよ。
さがやんのアイコン画像さがやん
いわゆるアフィリエイトですね。
その当時から普通にあったんですね。
松本のアイコン画像松本
ありましたよ。
さがやんのアイコン画像さがやん
それで月20万円を稼ごうとしていたんですね。
松本のアイコン画像松本
結局20万は稼げなくて、web系の職場に就職しました。

社会人時代はシステム会社に就職

社会人時代はシステム会社に就職から見る

さがやんのアイコン画像さがやん
どんな仕事だったんですか?
松本のアイコン画像松本
web系に所属されることなく、普通のシステム会社で鉄道の管理システムとか、営業の人が使う入力システムみたいなものを作ってました。
松本のアイコン画像松本
システム開発の会社は大体、プロジェクトごとに転々と場所が変わるんですよね。
さがやんのアイコン画像さがやん
なるほど、ノマドですね。
松本のアイコン画像松本
派遣とか出向とか。プロジェクトが変わることに働く人が変わってました。プログラミングの技術もその職場で成長したかな。

会社を退職しようと思ったきっかけ

会社を退職しようと思ったきっかけから見る

さがやんのアイコン画像さがやん
そこからどうなったんですか?
松本のアイコン画像松本
僕あんまり東京に住みたくなかったんですけど、1度東京に主張で飛ばされることになって、もう東京は行きたくないって言ったんですね。
松本のアイコン画像松本
そしたら、要望は聞いてくれて東京は行かなくてよくなったけど、家から片道1時間半から2時間くらいの遠い出向先になってしまって…。
さがやんのアイコン画像さがやん
遠…!でも東京一度断ってるし、なかなか言えないですもんね
松本のアイコン画像松本
そうですね…。同じ職場で働いている人を見ていると、自分の20年後も見えてるし、なんかこのままで自分の人生いいのかなと考えるようになりました。
もともと自分のやりたかったwebの仕事もできてないし、なんか違うなと思ったんです。

ノマド的節約術の原点は1冊の本からだった

ノマド的節約術の原点は1冊の本からだったから見る

松本のアイコン画像松本
その頃にちょうど結婚して、新婚旅行にスイスに行ったんですよ。そしたら時間の流れが日本と全然違うことに気づいてしまったんですね。
さがやんのアイコン画像さがやん
あぁ〜みんなが休日とか仕事終わりを優雅に楽しんで、でも仕事をするときはバシッとやってみたいな・・・
松本のアイコン画像松本
そうそう。自分は何しているんだろう?と思い、その間本もよく読むようになり、投資系の本とか、お金の勉強をするようになりました。
佐々木俊尚さんのなんて本だったかな…
さがやんのアイコン画像さがやん
仕事をするのにオフィスはいらない」?
松本のアイコン画像松本
そうそう!「仕事をするのにオフィスはいらない」これだっ!と思って。
さがやんのアイコン画像さがやん
松本さんのノマドの原点は実はこの本なんですね!
松本のアイコン画像松本
そうです。こんな働き方したいと思いました。
このままずっと仕事をするのは違うかな…と思い当時27歳だったので、失敗してもやり直しきくしいいかなと思い、2011年の3月か4月くらいに辞めました。
さがやんのアイコン画像さがやん
もちろん次の就職先なんかも…??
松本のアイコン画像松本
ないです!(キッパリ)
さがやんのアイコン画像さがやん
そのとき結婚して?1年目…?
松本のアイコン画像松本
1年ですね。
さがやんのアイコン画像さがやん
そのとき、奥さんなんも言ってなかったんですか?
松本のアイコン画像松本
なんでやろうって考えて寝込んだって言ってました。妊娠してるときで、家買おうとしているときだったんですけど、仕事辞めました。
さがやんのアイコン画像さがやん
おお…。新婚で妊娠してて、注文住宅買おうとしてて、次の仕事がないのに会社も辞めると!
松本のアイコン画像松本
でも会社辞める
松本のアイコン画像松本
まぁまぁ、でも大丈夫じゃないですか?当時まだ27歳だったので。なんとかなるでしょう!(笑)
さがやんのアイコン画像さがやん
ここら先が、松本さんの人生が面白くなってきますよね!
数年ハードモード、節約生活が始まります!
松本のアイコン画像松本
そこから先はブログにありますからね。
さがやんのアイコン画像さがやん
ここが原点だったんですね。
聞くと勇気づけられるし、ためになる話が多いですよね。
この続編も登録者数が2万人いったらやりましょう!
松本のアイコン画像松本
次喋りたくてウズウズしますね(笑)
さがやんのアイコン画像さがやん
今後ともよろしくおねがいします、ありがとうございました!

さいごに:この動画を書き起こした人の感想

今では有名な「ノマド的節約術」のブログの原点は、松本さんが仕事を辞めるところから始まったんですね!

次の仕事もない、結婚して子どもがいるけど、新しいことに挑戦しようと勇気を出して一歩を踏み出すってなかなかできることではありません。

そこを踏み出して自分の人生を切り開いていき節約生活を送っていった松本さんの経験全てが「ノマド的節約術」に詰まっている気がしました。

ノマド的節約術では基本的には節約の話が多いのですが、こういったスペシャル企画で原点を知れるのは面白いですね。

2万人の第2弾の企画が待ちきれません…!

この動画を最初から見る

以下で、この動画を最初から見ることができます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

フリーライターとして活動しています。
ノマド的節約術では、脱毛の体験記事などもよく書いています。
脱毛すると、時間の節約にもなりお手入れせずに済むので楽ちんです!
オトクな情報や海外の情報を発信するのが好きです。

コメント

コメントする

目次
閉じる